朝ウォーキングの習慣をつける:健康になって、気持ちも上向きになる

身体を整える

心に葛藤を感じていることは、想いの箱(メッセージ)から、お送りください。お待ちしています☆

 

今回は、ウォーキングについて取り上げます。あなたはウォーキングをしていますか?

ウォーキングは、気軽な運動方法なので、車の運転が多い方、座りっぱなしが多い方には、ぜひおすすめしたい運動習慣です。忙しい人のための、継続のコツも、最後に紹介します。

目標ステップは低めに!常に携帯を持ち歩いていないから

理想的な歩数は約 8000歩という風に言われています。

でも、もしあなたが歩数計を持っていなくて、携帯で歩数を測るなら1日8000歩の目標をやめましょう。

私は携帯のアプリを使って、歩数をチェックしています。1 日 8000 歩を目標にして、携帯のアプリで管理すると、大抵歩きすぎになってしまいます。 過剰に歩いてしまうと、逆効果です。何でもやりすぎは良くないですね。疲れが溜まってしまいます。

なので、歩数は 8000歩にせず、6000 歩にしています。携帯を持たずに歩き回っている時間があるからです。それをざっくり2000歩と換算しています。毎日 6000 歩でも、外で30分以上歩く必要が出てきますので、かなりの運動量です。

目標ステップは初心者の場合は、特に低めに設定することをおすすめします。毎回、毎回目標を達成するとやる気が出てくるからです。

良い習慣を始めようと思っても、なかなか続かない人は目標がすごく高くなってしまっていることがあります。目標は低めにして、少しずつあげていくのがおすすめです。毎回、目標に達成できたとなると、達成感があり、ウォーキングのやる気につながってくるからです。

私は Google Fit のアプリを使っています。このアプリで毎回 6000歩を超えるたびに、レ点マークが付けられて、今日も目標達成できましたと表示されます。その瞬間、わずか1、2秒ですが、汗と共にその瞬間を見るのは、私にとってこころの栄養です。

歩数のアプリは山のようにありますが、Google Fit は広告等もなく、無料で使えます。あまりツールやアプリにあるにはこだわらず、まずは始めてみてください。やりながら、ウォーキングが習慣になっていけば、好きな形にどんどん変えていけばいいわけですから。

ウォーキング前後には必ずストレッチを忘れずに!

次にウォーキングをする前と、後には必ずストレッチをしてください。

ストレッチといっても、5 分程度のストレッチで大丈夫です。私は最初ウォーキングを始めた頃にストレッチをすることをなく始めました。これは私の大失敗でした。

ストレッチすることなしに、いきなりウォーキングの習慣を始めたので、1 週間経って腰が痛くなりました。幸い 3 日ほどで治りましたが、ストレッチの重要性を感じました。

YouTube の動画に、ウォーキング前のストレッチの動画がたくさん紹介されています。自分に合うものを選んで、ウォーキング前に 5 分程度ストレッチをしてから出発してください。

体の負担がかからず、運動も効果的になり、また疲労回復も早くなります。一石三鳥ですね。

継続のコツ:ウォーキング中にやる内容を事前に決めておく(何もしないのもOK)

ウォーキングを始めて、継続するコツはウォーキング中に、何か自分の好きなことをするということです。

ウォーキング中は手を動かしたり、頭を使ったりする作業には向いていません。私は音声を聞いています。自分の好きな人の話を聞いたり、自分の好きな音楽を聴いて、気分を高めることができます。

携帯を触りながら、歩いてしまったこともあるんですが、これはやっぱりおすすめしません。なぜなら姿勢が悪くなるからです。ウォーキングしながら、前かがみになっていたら元も子もありません。それに外を歩いているので、前をしっかり見ていないというのは、やはり危険なことです。

ウォーキングに出発前に、家に戻るまでの時間、もしくは職場に到着するまでの時間に、何も携帯を触る作業が必要ないくらいに、十分な時間の音声を確保するのがおすすめです。

毎回、今日は何を聞こうなどと、決めるのに時間がかかる人は、ウォーキングするために決断が増えて、継続できなくなるので、あまり難しく考えないことです。

自分が好きな人の話を聞く、自分が好きな音楽を聴く。あまり内容はこだわらずにいきましょう。

また、特に音声など聞かずに、何もしないで歩くというのも、おすすめです。私は基本、何かをしたい人なので、音声を聞いていますが、たまに何も聞かないで、外の景色を楽しむこともあります。 空と太陽の下を歩くと、自然と気持ちが上向きになっていきます。そして、ただ、景色を見ながら歩くというのも 1 つのリラックス方法です。

何も聞かない時は、特に呼吸に集中して、自分は瞑想しているのだと感じて、ウォーキングを楽しんでみてください。瞑想したいけど、なかなか続かない人は、ウォーキング中は、目を開けたままの瞑想という風に考えればできそうですね。

ウォーキングを続けるコツは、自分は運動のためにしているとか、健康のためにしているとかをあまり考えないことです。それよりも、今気持ちがいい。今は楽しい。今爽やかだ。そんな気持ちを楽しんでください。

時間がないという方は、ウォーキングをしていない日々の中で、座ったままやってることを少し思い出してみてください。その中で、ウォーキングと結びつけられそうなものはないでしょうか。

何かの講座や講演を聞いているなら、ウォーキングをしながら聞いてみるとか。どうせ座って音楽を聴くなら、ウォーキングをしながら聞いてみるとか。どうせ座って、瞑想するならウォーキングをしながら、立って瞑想するとかです。自分のやりたい快楽とウォーキングをつなげていくと継続しやすくなりますよ。

まずは、30 日間、一緒に継続してみましょう。

 

こころの栄養とは?
こころの栄養のメインテーマ:人間関係の境界線について